haru

3月 17

2月 28
“当たり前の生活のありがたさに「気づいた」人は、間違いなく幸せです。
毎日の生活の中で、些細なことにも幸せを感じられれば、もう毎日幸せでいっぱいじゃないですか。”
太陽同盟 - Yahoo!ブログ (via tatsuyanis)

(referenceforww2から)


1月 29

alecshao:

Carlo van de Roer - Orbs (2011)

(nyanpiyopiyoから)


1月 18
“友達が昨日来ていた服装を覚えてますか?
昨夜食べたご飯はなんだった?お昼ご飯は?
意外と自分のことですら記憶にないはず。友達の服装なんて思い出せもしない。
でも、好きな映画とか、セリフとか、音楽とか、好きな子とか。
そういうのって鮮明に記憶してるよね。そのとき、あなたが本当に見ている時なんだと思う。”
誰も君のことなんか見てない。 – CNTR (via katoyuu)

(rorororoから)


12月 25

(adriananorrisから)


“誰が何と言っても、自分にはかけがえのないものなのだからそれでいい。自分だけにしかわからない特別なことを、ひとつひとつ味わってゆけば、それで充分なのだと、今は強く思える。” 「帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ」高山なおみ (via fffff9)

(muhuhuから)


12月 15

12月 8
“友だちっていうのは、毎日ご飯を一緒に食べたりとか、そういうレベルのもんじゃない。本当の友だちっていうのは、離れていたっていい、会わなくったっていいんだよ。まったく知らなくてもいい。そういうものだよ。”

細野晴臣のぶんぶく茶釜 : 第9講 「友だち。」

(via dtybywl) (via yaek) (via 111xxx) (via fukuku3)

(via fffff9)


12月 1

(rorororoから)


11月 24
“どうでも良い人たちと何度すれ違えば、きみに遭わせてくれますか。” Twitter / sksksk (via aoillamahadoko) (via kanmei) (via rosarosa)

2010-04-01

(via gkojax-text)